ドルトムントも3年目だった! クロップ・リヴァプールはそろそろリーグ制覇してもいい頃だ

リヴァプールを率いるクロップ photo/Getty Images

ドルトムントの再現に期待

驚異の強さで今季のプレミアリーグを制したマンチェスター・シティが来季も連覇を果たすのか、それとも3年目に燃えるジョゼ・モウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドが王座を奪還するのか。来季のプレミアもマンチェスターの両クラブが大きな注目を集めるだろうが、期待が高まっているのはリヴァプールだ。

リヴァプールは今季チャンピオンズリーグ決勝に進出し、来季はユルゲン・クロップ体制で迎える4シーズン目となる。ただしクロップは2015年10月に成績不振を理由に解任されたブレンダン・ロジャースの後釜として指揮官に就任しているため、リヴァプールの指揮官として迎えるプレシーズンは今夏で3度目ということになる。

英『Liverpool Echo』が期待しているのは、ドルトムント時代の再現だ。クロップはドルトムントの指揮官に2008年夏に就任し、3年間の補強期間を経て2010-11シーズンにブンデスリーガを制覇した。その流れでいくなら、来季はそろそろ頂点に立ってもいい頃だ。

ドルトムントで優勝した2010-11シーズン開幕前の夏、クロップはサイドバックのウカシュ・ピシュチェク、超安価だった日本代表MF香川真司、ルーカス・バリオスのバックアッパー候補として当時無名に近かったロベルト・レヴァンドフスキら5人の新戦力を加えている。この時すでにドルトムントのスタイルは出来上がりつつあり、香川らを加えてからも戦い方は明確だった。リヴァプールは今夏にモナコからファビーニョ、ライプツィヒからナビ・ケイタが合流するわけだが、同メディアはこれがリーグ制覇へのファイナルピースになるのではないかと期待をかけている。

2016年夏よりクロップは時間をかけてチームを強化し、モハメド・サラーやアンドリュー・ロバートソン、ジョルジニオ・ワイナrドゥムら新戦力もフィットさせてきた。もう骨組みは出来上がっており、あとはファビーニョやケイタを加えてキレ味をプラスするだけだ。悲願のリーグ制覇に手が届くところまで来ているように思えるが、来季こそリヴァプールが頂点に立つか。


●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ