グリーズマンのバルサ移籍 D・コスタは何を思う?「オレだったら……」

よく2トップでコンビを組んでいたD・コスタ(左)とグリーズマン(右)photo/Getty Images

“相棒”の決断を尊重

アトレティコ・マドリードに所属するジエゴ・コスタが、今夏に退団した“相棒”について口を開いた。

2014年夏にアトレティコへ加入して以降、長きにわたってチームを牽引してきたフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。昨季も公式戦48試合に出場して21ゴール10アシストと大活躍したが、今夏の移籍市場で新たな挑戦を決断し、以前から噂のあったバルセロナへ移籍することとなった。そんなグリーズマンについて、2トップを組む機会が多かったD・コスタが次のようなコメントを残した。英紙『Daily Mail』などが伝えている。

「彼の夢は、メッシやスアレスと一緒にプレイすることだった。オレたちはみんな、彼がどんな選手だったか知っているよ。サッカー選手はいつだって、異なることにトライしてみたいと思うもの。彼だって運試ししてみたかったんだと思う。アトレティコでしたように、バルセロナでも重要な選手になれるかどうか確認してみたいと思うのが普通だよ」

「グリーズマンは新たな経験を求めていたし、バルセロナでそれを見つけるけることができるだろう。オレは彼をここへ引き止めようとはしなかった。むしろ彼から意見を求められていたら、オレだったら『誰もが新しいことにチャレンジすべきだよ』と答えていただろうね」

新たな挑戦を求めて、2014-15シーズンから戦いの舞台をプレミアリーグへ移し、3シーズンにわたってチェルシーでプレイした経験があるD・コスタだからこそのコメントかもしれない。アトレティコとバルセロナの対戦は12月1日(リーガ・エスパニョーラ第15節)に行われる予定となっているが、この二人がどんなプレイを見せてくれるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ