ファン・ダイクでも2位! ここ10年のリヴァプール“No.1補強”は誰だ

ファン・ダイクも大成功の補強に photo/Getty Images

英紙選出TOP10中8人が今もチームに

昨季チャンピオンズリーグを制覇したリヴァプールは、選手の補強が的確にヒットしたとの印象が強い。以前は補強が失敗続きとなっているところもあったが、ユルゲン・クロップ体制となってからはヒット選手が目立つ。

そこで英『Liverpool Echo』は、2010年以降に獲得した選手をヒット順にランキング化。No.1補強はどの選手かを選んでいる。

10位:ジョーダン・ヘンダーソン(2011)

9位:ジェイムズ・ミルナー(2015)

8位:フィリペ・コウチーニョ(2013)

7位:アンドリュー・ロバートソン(2018)

6位:サディオ・マネ(2016)

5位:ルイス・スアレス(2011)

4位:ロベルト・フィルミーノ(2015)

3位:アリソン・ベッカー(2018)

2位:フィルジル・ファン・ダイク(2018)

1位:モハメド・サラー(2017)


1位に選ばれたのは2シーズン連続でプレミアリーグ得点王に輝いているサラーだ。リヴァプールではリーグ戦78試合に出場して57得点24アシストを記録しており、同メディアもクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシに匹敵するレベルの数字と称える。こんな選手を3690万ポンドの移籍金で獲得できたのだから、バーゲン補強だったのは間違いない。

他にもヘンダーソンやファン・ダイクなど、トップ10のうち実に8人が今もリヴァプールでプレイしている。これら補強のヒットがリヴァプール躍進に繋がっているのは確実で、今のリヴァプールがあるのはチームに不足しているところを的確に埋めてきたからだ。ロバートソンのような掘り出し物と呼べる選手もおり、この補強策は他クラブも見習うべきものと言えよう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ