デイビス退団が噂されるバイエルン 後釜にミランのフランス代表DFを獲得か

バイエルンが獲得狙うACミランDFテオ・エルナンデス photo/Getty images

移籍金は1億ユーロか

カナダ代表DFアルフォンソ・デイビスの退団が噂されるバイエルン・ミュンヘンは後釜にセリエAの大物を獲得するようだ。

イタリアメディア『calciomercato.com』によると、今夏の移籍市場でバイエルンはACミランに所属するフランス代表DFテオ・エルナンデスの獲得を検討しているという。

バイエルンは今夏にデイヴィス退団の可能性が浮上。2025年夏にフリーで退団することを避けるため、今夏にレアル・マドリードへ放出する可能性が伝えられ始めている。そんなデイビスの後釜として浮上しているのがテオ・エルナンデス。ミランの絶対的な主力選手として21-22シーズンにはセリエA優勝に大きく貢献し、今季も公式戦33試合で4ゴール9アシストを記録している。
同メディアによると、バイエルンは既にテオ・エルナンデスの代理人に連絡を取っており、同選手の状況などについて確認しているという。ミランはテオ・エルナンデスを非売品としては扱っていないものの、同選手に関しては慰留を強く望んでおり、現在契約延長のため全力を尽くしているようだ。ミランは仮に放出する場合、同選手には移籍金1億ユーロ(約163億円)を求めており、バイエルンが高額なオファーを送れるかどうかが移籍実現の鍵となるだろう。

今やセリエAの顔とも言えるテオ・エルナンデス。移籍が実現すればミランは勿論のこと、リーグ全体にとっても大きな打撃となりそうだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ