若手の抜擢が予想されるCLライプツィヒ戦 フォーデン、パルマーに続く新星は誰になる?

パルマ―もクラブ・ブルージュ戦でチャンスをもらいゴールを決めている photo/Getty Images

ペップは誰をスタートに置くのか

プレミアリーグ第15節マンチェスター・シティ対ワトフォードの一戦は3-1でシティが白星を手にしている。今季のワトフォードはマンチェスター・ユナイテッドを大量得点で下し、チェルシーにも善戦しているため、難しいゲームになるとの予想もあったが、絶好調のベルナルド・シウバが2ゴールを決めて勝利に大きく貢献している。

まだまだ今後も過密日程が続くペップ・シティだが、ミッドウィークにはCLグループステージ、ライプツィヒ戦を控えている。成績不振から監督交代のあったクラブだが、実力は確かであり、警戒する必要があるのだが、シティは既に1位通過での決勝トーナメント行きを決めている。今回のゲームは完全な消化試合であり、主力の疲労も考えれば大幅なターンオーバーが敷かれることが予想される。特にジョアン・カンセロ、ロドリ、ベルナルド・シウバの3名はピッチに立ち続けており、ここで休息を与えるのがベストだろう。

であれば、チャンスを得られる選手が出てくるのだが、順当に考えてカンセロはジンチェンコ、ロドリはフェルナンジーニョ、シウバはコール・パルマーへの置き換えとなるだろう。パルマーを除く2選手は一線級の戦力ではあるが、今季はそこまで出場機会を得られていない。ここでピッチに立つことで今後のパフォーマンス向上に期待したい。

そしてアカデミーに籍を置いている選手にも期待したい。パルマーに続く逸材とされているMFジェイムズ・マカティにはチャンスを与えられるか。現状リーグ戦ではエヴァートン戦での終盤のみの出場となったが、数少ないボールタッチで存在感を示している。中盤の人員は足りているが、フォーデン、パルマーに続くチャンスメイカーの台頭を待ちたい。

もう一人の有望株はアンカーのMFロメオ・ラヴィアだ。ベルギーのアンデルレヒトからやってきた17歳はフェルナンジーニョの後釜として期待されている選手だ。今季で退団する可能性の高いベテランの去就を考えれば、早めにラヴィアに経験を積ませるのも悪くない。

主力を休ませつつ、若手を大舞台でテストできる可能性のあるライプツィヒ戦。そういう意味では重要な試合であり、今季の終盤を見据えた収穫のある試合にしたい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.265 CL激闘必至の3番勝負

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ