ブンデスでの“衝撃デビュー”に元J優勝監督も大絶賛 進化を続ける日本の原石

出場時間を増やす伊藤 photo/Getty Images

シュツットガルトで主力に定着

今シーズン、ジュビロ磐田からシュツットガルトへと加入した伊藤洋輝に絶賛の声が挙がっている。元々はBチームからスタートする予定だった男は、現在トップチームでレギュラーとして戦っており、予想外のデビューを果たした。

そんな伊藤に対して浦和レッズでプレイし、監督としてJリーグ優勝にも導いたギド・ブッフバルト氏が高く評価した。ブッフバルト氏はドイツ紙『Kicker』にて「パスの正確さに加えて、彼が持っている落ち着きを特に評価しているよ。プレッシャーがかかる状況下にでも、しっかりとボールを出すことができるんだ」と語り、欧州1年目にも関わらず落ち着きのあるプレイを見せる伊藤を称賛した。

今季プレシーズンから一貫して冷静なプレイを見せていることは伊藤の大きな武器だろう。貴重な左利きのCBであり、パスやフィードにも優れており高い技術を兼ね備える同選手だが、プレッシャーをはねのける精神力を持ち合わせているからこそ、高いパフォーマンスを発揮できているのだ。

冨安健洋や吉田麻也、板倉滉など日本代表のCB陣は人材が豊富だが、彼もそこに割って入れる力を持っているだろう。ブッフバルト氏も「彼が見せている成長は、日本でも注目されている。近い将来、彼が日本代表の一員としてチャンスを得ることは、想像に難くないね」と語り、近い将来の代表入りを期待している。J1での試合出場はわずか3試合ながら、ドイツの地で輝きを放つ日本の原石のさらなる躍進に期待だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.265 CL激闘必至の3番勝負

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ