ブンデスで暴れる“ヤング集団”が目指す頂点 「ドイツ王者になりたい」

好調維持するライプツィヒ photo/Getty Images

現在は2位と好位置に

ハンジ・フリックがチームを引き継いでから好調だったバイエルンが突如躓いた。11月30日に行われたブンデスリーガ第13節でレヴァークーゼンに1-2で敗れたのだ。

この隙を突いて一時首位に浮上したのがライプツィヒだ(現在はボルシアMGに次ぐ2位)。ライプツィヒはパダーボルンを3-2で撃破しており、勝ち点を27まで伸ばした。今季は開幕当初からバイエルン、ドルトムント、ライプツィヒによる三つ巴の争いになるのではとも予想されていたが、やはりライプツィヒには頂点を狙うだけの力がある。

ブンデスリーガ公式によると、パダーボルン戦後にはライプツィヒのエースであるティモ・ヴェルナーも頂点を狙っていることを強調していた。

「僕たちは今トップグループにいる。リラックスしたくないし、ドイツ王者になりたいんだよ。僕たちの目標は最後までトップでいることであり、どうなるか見てみよう」

また、今夏に加わったFWパトリック・シックも「もちろん僕たちは優勝できる。タイトルのために全てを捧げるつもりだよ」と自信を見せる。

今季はバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキの得点ペースばかりが話題となるが、ヴェルナーもレヴァンドフスキに負けじと13得点を奪っている。パダーボルン戦でも1得点を挙げており、16得点のレヴァンドフスキに3点差まで近づいているのだ。ヴェルナーもリーグ得点王を狙える位置にいるのは間違いない。

12月17日にはドルトムントとの大一番も控えており、優勝を目指すならば負けは許されない。青年指揮官ユリアン・ナーゲルスマンが率いるヤングな集団がどこまで上を目指せるのか楽しみだが、ライプツィヒの勢いはどこまで続くか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ