ドイツの天才司令塔・エジルは過大評価! 代表OBは評価に不満「ビッグゲームになると消える」

ドイツ代表のエジル photo/Getty Images

W杯でのスタメン固定は望まず?

ヨアヒム・レーヴ率いるドイツ代表では常にメスト・エジルがチームの中心であり、2010南アフリカワールドカップからエジルは絶対的な司令塔だった。レーヴもこのチャンスメイカーを信頼しているのだろう。

しかし元ドイツ代表のマリオ・バスラー氏は、エジルは過大評価されている選手だとバッサリ切り捨てている。独『Sport bild』によると、同氏はエジルがロシアワールドカップで本調子でない場合はスタメンから外すべきと考えており、エジル、さらにイルカイ・ギュンドアンの2人に厳しい評価を下している。

「エジルは過大評価されている。たとえ代表で100試合以上プレイしたとしてもね。彼には特別な能力がある。しかしビッグゲームになるとピッチから消える。もしエジル、ギュンドアンの2人がW杯最初の試合で良いプレイができなければ、レーヴは反応しないといけない。彼らを代え、もうプレイさせないことだ。さもないとレーヴの名声が危ない」

エジルは負傷でW杯初戦を欠場するのではとの話題もある。怪我を抱えているならば100%の状態で大会に臨むのは難しいかもしれないが、レーヴは冷静な判断を下せるか。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.208 不屈のゲルマン魂! クロースの土壇場ゴールで望み繋ぐ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ