ヴェンゲルの教えが花開いた! アーセナルが最終戦で見せた“華麗なパスワーク”[映像アリ]

ラストゲームを終えたヴェンゲル監督 photo/Getty Images

フィニッシュはオバメヤン

13日にプレミアリーグの最終節が行われ、アーセナルがハダーズフィールドと対戦した。

アーセン・ヴェンゲル監督にとってのラストゲームを勝利で締め括りたいアーセナルは、序盤から相手のハイプレスに苦しめられる。ビルドアップがままならない状況が続いていた同クラブだが、38分に自陣からパスを繋ぎきると、アーロン・ラムジーからの低弾道クロスにピエール・エメリク・オバメヤンが反応し、先制点を挙げた。この虎の子の1点を守り切り、アーセナルが1-0で勝利を収めている。

長きにわたりアーセナルにパスサッカーを植え付けてきたヴェンゲル監督だが、選手たちが自身の指導や期待に応え、理想的な形で得点を奪った。22年間貫いたサッカースタイルが、自身のラストゲームで花開いたと言って差し支えないだろう。



参照元:Twitter(当該場面は1分03秒~)





記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ