J1で前代未聞の乱打戦! 前半だけで計7ゴール&“3度の同点劇”[映像アリ]

ハットトリックを達成したウーゴ・ヴィエイラ photo/Getty Images

勝ち点1をもぎ取ったF・マリノス

21日に明治安田生命J1リーグの第9節が行われ、横浜F・マリノスが湘南ベルマーレと対戦した。

8分に先制点を献上したF・マリノスであったが、27分にFWウーゴ・ヴィエイラが強烈なミドルシュートを放ち、一時同点に追いつく。しかし、その1分後に菊地俊介(湘南)にロングシュートを放たれて勝ち越しを許すと、41分には後方からのロングボールを受けたアレン・ステバノヴィッチに最終ラインの背後を陥れられ、3失点目を喫してしまう。ところがF・マリノスもすぐさま反撃。44分にウーゴ・ヴィエイラが敵陣ペナルティエリア内で右足を振り抜いて1点差に詰め寄ると、その直後にも山中亮輔のクロスに反応した同選手が敵陣ペナルティエリア内でシュートを放ち、ふたたび同点に追いついた。

このまま前半が終了すると思われたが、湘南も意地を見せる。F・マリノスの同点弾の2分後に自陣後方からボールを繋ぐと、イ・ジョンヒョプからのパスを受けたステバノヴィッチが敵陣ペナルティエリア内で低弾道のシュートを放ち、またもリードを奪った。

前半だけで7つのゴールが飛び交うという、前代未聞の展開となったこの試合。57分にF・マリノスがコーナーキックのチャンスを得ると、天野純が蹴ったボールに松原健がヘディングで反応。このボールがファーサイドに走り込んだミロシュ・デゲネクのもとにわたり、同選手によるヘディングシュートがゴールに突き刺さった。3度同点に追いついたF・マリノスであったが、その後は湘南の体を張った守備を前に逆転ゴールを奪えず、試合はこのまま終了。稀に見る乱打戦は4-4で幕を閉じた。

[スコア]
横浜FM 4-4 湘南

[得点者]
横浜FM:ウーゴ・ヴィエイラ(27)、(44)、(44)、ミロシュ・デゲネク(57)

湘南:OG(8)、菊地俊介(28)、アレン・ステバノヴィッチ(44)、(46)








参照元:Twitter


●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ