キミッヒが語る恩師グアルディオラが重視していたこととは 「彼はピッチ全体を見ることを求めていて……」

キミッヒはグアルディオラに感謝 photo/Getty Images

グアルディオラの下で大きく成長

今やフィリップ・ラームの穴を完全に埋めたとまで言われるバイエルンDFジョシュア・キミッヒは、現マンチェスター・シティ指揮官ジョゼップ・グアルディオラの下で大きく伸びた選手だ。

グアルディオラはキミッヒをセンターバックで起用するなど積極的にチャンスを与え、ミスもありながらも着実にキミッヒは成長してきた。スペイン『MARCA』によると、キミッヒは今でもグアルディオラに感謝していると語り、練習中からファーストタッチの重要性を徹底されたことを明かしている。

「僕は大いに成長したよ。彼はピッチ全体を見ることを求めていて、どこにチームメイトがいてボールを受ける前に何をすべきかを理解していなければならない。そのファーストタッチに多くの時間をかけていた。どの相手にも彼はパーフェクトなプランを持っていたし、彼は信じられないビジョンを持っているんだ」

しっかりとポゼッションするところからのフットボールを求めるグアルディオラらしく、ボールを受ける前のビジョンにこだわっているようだ。キミッヒはサイドバックの位置から攻撃を組み立てられる選手に成長しているが、それもグアルディオラのおかげなのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ