鮮烈オーバーヘッド弾のロナウド、“跳んだ高さ”が凄まじいことに

スーパーゴールを記録したロナウド(写真右) photo/Getty Images

その高さは……

3日にUEFAチャンピオンズリーグの準々決勝(1stレグ)が行われ、レアル・マドリードがユヴェントスに3-0で勝利した。

同試合で2得点と気を吐いたクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)。3分に左サイドを突破したイスコからのクロスに反応してゴールを陥れると、64分には敵陣ペナルティエリア内でオーバーヘッドによるシュートを放ち、貴重な追加点を挙げた。スペイン紙『MARCA』はこのオーバーヘッドシュートの際にロナウドが跳んだ高さを公表。シュートが放たれた瞬間の地上から同選手の背中までの高さが1メートル41センチに達したことが明らかとなった。また、同選手の地上からつま先までの高さが、地上からクロスバーまでの高さ(2メートル44センチ)とほぼ同等の2メートル38センチにまで到達したことが併せて伝えられている。

大一番で高い身体能力を見せつけたロナウド。同大会史上初となる10試合連続ゴールを挙げた同選手だが、今後どのような記録を打ちたてるのだろうか。



記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ