新たな”ジェラード&ランパード問題”? イングランド代表が抱える同時起用のトラブル

イングランド代表でもキーマンとなり得るリンガード photo/Getty Images

悩めるトップ下の人選

今季マンチェスター・ユナイテッドで活躍しているMFジェシー・リンガードは、このままの調子を維持すれば2018ロシアワールドカップを戦うイングランド代表に選出されるだろう。マンUでは主にトップ下の位置で機能しており、代表でも同様の働きに期待がかかる。

しかし、トップ下の位置ではトッテナムMFデル・アリもいる。今季のデル・アリは一貫性を欠いているとの批判もあるが、先日のチェルシー戦では2得点を記録するなど21歳とは思えぬ輝きを放っている。また最前線のFWハリー・ケインとアリは同じトッテナムでプレイしていることもあり、互いをよく理解している。これもデル・アリの強みだ。

英『BBC』によると、解説を務めるガース・クルックス氏はリンガードとアリの同時起用は難しく、以前のスティーブン・ジェラードとフランク・ランパードの関係を思わせるところがあるとコメントしている。

「現在の調子ならリンガードはW杯でイングランド代表のスタメンに入るべきだ。前回のスウォンジー戦ではリンガードが全てのゴールに絡んでいた。サウスゲートはリンガードとアリを同時起用できるだろうか?それともジェラードとランパードのようになるのか?」

ジェラードとランパードはどちらもワールドクラスの選手だったが、代表での同時起用はなかなか機能しないと言われてきた。この2人とリンガード、アリを比較するのはレベルが異なるかもしれないが、サウスゲートにとって頭を悩ませる問題になるかもしれない。これまでサウスゲートは親善試合を活かして様々な選手、システムを試しているが、ロシアで結果を出すための答えは見えているのか。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.230 アジア杯準優勝を糧にコパ・アメリカへ挑め!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ