マンCの頼れる男がいきなりエンジン全開 大一番で光ったジェズスの躍動

リヴァプール戦で値千金の同点ゴールを奪ったジェズス photo/Getty Images

グアルディオラ監督もご満悦

マンチェスター・シティに頼れる男が帰ってきた。今季はセルヒオ・アグエロやガブリエウ・ジェズスといった主力のセンターフォワードが怪我をした影響により、若いリアム・デラップやウイングを本職とするフェラン・トーレスを同ポジションに据えて急場を凌いできた同クラブ。しかし、そんな苦しい状況も背番号9の復帰で一変するか。ジェズスが戦列に復帰し、さっそく結果を残してみせた。

現地時間8日に行われたリヴァプールとの大一番で復帰を果たしたジェズス。同選手の出場はリーグ開幕戦以来となったが、このブラジル代表FWは復帰戦で早くも存在感を示すことに成功した。それも値千金の同点ゴールを決めるオマケつき。1点のビハインドで迎えた31分、MFケビン・デ・ブライネからのパスを相手PA内で受けたジェズスは巧みなトラップでリヴァプール守備陣を出し抜き、最後は左足でフィニッシュ。このトラップが意図的であったかどうかは判断が難しいところだが、ストライカーは結果が全て。いきなり最高の形でチームに貢献した活躍は称賛に値するものだったと言っていいだろう。

そんなジェズスにはデータサイト『WhoScored』も両軍トップとなる評価点「7.1」を付け、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出している。そして、この活躍にはジョゼップ・グアルディオラ監督も感銘を受けたようだ。先発としてピッチに送り出したものの、まさかジェズスが90分間もプレイできるとは思っていなかったと指揮官は試合後次のように語っている。英『Manchester Evening News』が伝えた。

「今日のジェズスは本当に良かったよ。スタメンには選んだが、私はこの試合で彼が90分フルでプレイできるとは最初思っていなかった。だが、ジェズスはそれを成し遂げ、素晴らしい同点ゴールまで決めてみせた。間違いなく、彼のリズムが我々を助けてくれたと言えるね。本当にセンセーショナルなゴールで、良い結果を残してくれた」

指揮官の予想を上回るパフォーマンスでチームに貴重な勝ち点1をもたらしたジェズス。トーレスやデラップのCFも悪くはなかったのだが、やはり彼の安心感は代役の選手たちよりも一枚上手だ。怪我で序盤戦を棒に振ってしまったものの、このブラジル代表FWは今後その離脱期間を忘れさせるほどの大活躍を披露できるか。戦列に復帰した頼れる男が、いきなりエンジン全開だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ