イタリアの希望は昨季ブレイクの19歳か アズーリが探す世界最高級のCF

今季からエヴァートンでプレイするキーン photo/Getty Images

伊メディアが期待寄せる

代々“カテナチオ”と呼ばれる強固な守備を売りとしながらも、イタリア代表が強かった時代には必ずと言っていいほど強力なセンターフォワードがいた。クリスティアン・ヴィエリ、フィリッポ・インザーギ、ルカ・トーニ……。特徴こそ様々だが、皆ここぞの場面で得点を奪ってくれる選手。彼らはそれぞれの時代で、世界でも屈指のセンターフォワードだった。

しかし、近年はどうだろうか。ここしばらく、イタリア代表には世界トップクラスのセンターフォワードが出現していない。マリオ・バロテッリこそ一時ブレイクしたが、彼が最も輝いた時間はそう長く続かなかった。現在、同国代表のロベルト・マンチーニ監督はこのポジションにラツィオのチーロ・インモービレとトリノのアンドレア・ベロッティをチョイスしているが、この2人が上記のレジェンドたちに比肩するレベルかと問われればそうではないと答える人がほとんどのはず。イタリア代表が来年開催されるEURO2020で優勝を狙うには、世界レベルのセンターフォワードがどうしても欲しいところだろう。

では、インモービレとベロッティ以外に希望となり得る人材はいるか。伊『calciomercato』はイタリア人センターフォワードの市場価値ランキングを作成し、この2人を凌駕する高値がついている19歳に期待を寄せている。

その19歳とは、夏にユヴェントスからエヴァートンへと移籍したモイーズ・キーンだ。同メディアによると、現在彼の市場価値は4000万ユーロ(約48億3000万円)。3600万ユーロ(約43億5000万円)で2位のインモービレと3500万ユーロ(約42億3000万円)で3位のベロッティを上回り堂々の1位に君臨している。昨季ユヴェントスでブレイクを果たしたティーンエイジャー。今季はここまで公式戦11試合に出場しいまだノーゴールだが、ポテンシャルは確かなものがある。調子を取り戻せばポジション争いに殴り込みをかけることも可能だろう。

はたして、EURO2020までにイタリア代表に新たな世界レベルのセンターフォワードは現れるか。イタリアの人々は“アズーリ”が再び国際舞台で輝くことを待ちわびている。

イタリア人センターフォワード市場価値ランキングは以下の通り

1位 モイーズ・キーン(エヴァートン/19歳/4000万ユーロ)
2位 チーロ・インモービレ(ラツィオ/29歳/3600万ユーロ)
3位 アンドレア・ベロッティ(トリノ/25歳/3500万ユーロ)
4位 パトリック・クトローネ(ウォルバーハンプトン/21歳/2500万ユーロ)
5位 アンドレア・ペターニャ(SPAL/24歳/2000万ユーロ)
5位 マリオ・バロテッリ(ブレシア/29歳/2000万ユーロ)
7位 アンドレア・ピナモンティ(ジェノア/20歳/1500万ユーロ)
8位 ロベルト・イングレーゼ(パルマ/27歳/1500万ユーロ)
9位 マノロ・ガッビアディーニ(サンプドリア/27歳/1200万ユーロ)
9位 レオナルド・パヴォレッティ(カリアリ/30歳/1200万ユーロ)

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ