PSGはブッフォンのプレイに満足している? 来季へ向けて契約延長を準備か

今季からPSGのゴールマウスを守るブッフォン photo/Getty Images

41歳としては破格の複数年契約

パリ・サンジェルマン(PSG)が、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンとの契約を更新しようとしているようだ。

1月に41歳の誕生日を迎えたブッフォンは昨季、シーズン終了後にスパイクを脱ぐ意向を示していたが、PSGからのオファーを受けて現役続行を決断。1年契約を結び、戦いの舞台をイタリアからフランスへ移した。すると今季は、ここまで公式戦20試合に出場してわずか13失点。フランス代表GKアルフォンス・アレオラ(公式戦22試合で17失点)と出場機会を分け合い、遜色ない結果を残している。

伊『sky sport』などによると、そんなブッフォンのプレイにPSGの首脳陣も非常に満足しているようで、来季以降の契約を準備。まだまだ現役でプレイできると睨んでおり、41歳としては破格の2年契約に1年間の延長オプションを組み込んだオファーを提示しようとしているという。

PSGは6日にホームで行われたマンチェスター・ユナイテッド戦(チャンピオンズリーグ・ラウンド16の2ndレグ)で1-3の敗戦を喫し、2-0で勝利した1stレグのリードを守りきれず、屈辱のベスト16敗退が決まった。この一戦でゴールマウスを守ったブッフォンは、今季も悲願である欧州制覇を成し遂げることができなかったが、夢を叶えるためにも来季以降も現役を続行するのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ