C・ロナウドとマンジュキッチに放り込め! ユーヴェの攻めはクロス、クロス、クロスに

ユヴェントスに加わったC・ロナウド photo/Getty Images

セリエAトップの本数

今夏にクリスティアーノ・ロナウドを加えたユヴェントスは、前線にロナウドとマリオ・マンジュキッチの高さで勝負できるアタッカーが2枚揃うことになった。指揮官マッシミリアーノ・アッレグリもそれを最大限活かそうとしており、伊『Gazzetta dello Sport』はユヴェントスがかなりクロスの数を増やしていることを取り上げている。

まだロナウドに得点は生まれていないが、今季のユヴェントスはとにかく積極的にクロスを入れている。開幕からの3試合でのクロス本数は79本で、これはセリエAトップの数字だ。サイドバック、ウイングが積極的に放り込んでいて、左サイドバックのアレックス・サンドロが23本、右サイドバックのジョアン・カンセロが11本、ドウグラス・コスタとファン・クアドラードが9本ずつ挙げている。

シンプルなパターンではあるものの、同メディアはアッレグリがこのやり方を今後も続けていくだろうと見ている。当然相手もその傾向を理解しているため、中を固める意識を高めてくるだろう。そうなった時にどこまで機能するのかは気になるポイントだが、マンジュキッチとロナウドの強さを活かすには最良の策なのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ