停滞する日本の攻撃に特別なアイディアを マリ戦で出番なかった司令塔・柴崎にかかる期待

ヘタフェで活躍する柴崎 photo/Getty Images

攻撃に特別なアイディアが必要

23日の1‐1で引き分けたマリ代表戦では出番がなかったが、27日のウクライナ代表戦ではMF柴崎岳のパフォーマンスに期待がかかる。柴崎はこれまで何度か怪我で代表召集のチャンスを逃しており、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に目立ったアピールができていない。今回のウクライナ戦はロシアワールドカップへ向けて重要なアピールの場となるはずだ。

ヘタフェでプレイする柴崎のロシア行きにはスペイン『MARCA』も関心を寄せており、ウクライナ戦でどのようなパフォーマンスを見せるか注目している。同メディアはハリルホジッチ監督を納得させるだけのプレイを見せることに期待しており、柴崎には日本代表サポーターも大きな期待をかけているはずだ。

これまでハリルホジッチ監督は中盤に守備的な選手を起用することも多かったが、今回の欧州遠征ではアンデルレヒトの森岡亮太、川崎フロンターレの大島僚太、そして柴崎と、中盤でボールをしっかり持てる攻撃的なMFも召集している。彼らが攻撃面でどこまで存在感を発揮できるのかをテストする考えもあるのだろう。

マリ戦では森岡と大島の2人が先発し、大島は残念ながら負傷で途中交代。森岡もトップ下の位置で攻守に走ったが、ビッグインパクトを残せたわけではない。柴崎には異なるアイディアでチャンスメイクすることと同時に、高い位置で起用されることの多いヘタフェの時と同様に得点に絡むプレイを増やしていくことが期待される。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ