PSGに欧州制覇はまだ早い! ドログバ「僕らだって8年以上かかった……」

ビッグイヤーを手に喜びを爆発させる当時のドログバ photo/Getty Images

順調に歩みを進めているが……

チェルシー時代に欧州制覇を成し遂げている元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが、近年勢いをつけているパリ・サンジェルマン(PSG)について語った。

昨夏の移籍市場で大金を投じ、ブラジル代表FWネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバッペを獲得するなど、大型補強を行ったPSG。満を持して欧州制覇へ挑んだが、チャンピオンズリーグ2連覇中の王者レアル・マドリードが目の前に立ちはだかり、決勝トーナメント1回戦で早くも姿を消すこととなった(2戦合計:2-5)。

そんなPSGについて、ドログバは自身の体験談をもとに「彼らは順調に歩みを進めているが、まだいくつかのステップを踏まないといけないかな。あそこ(CL優勝)へ到達するまでに僕たち(チェルシー)も、何度か決勝や準決勝で敗れた。これは時間がかかるものだし、トロフィーを獲得したクラブが必ずしも最高のチームとは限らない。僕らチェルシーだって、チャンピオンズリーグの冒険には8年以上もかかったしね。優勝できたときは嬉しかったし、やっと報われたと思ったよ」と語った。仏『Le Parisien』が伝えている。

また、PSGを牽引するネイマールについて「活躍するために移籍したのかって? そうだと思うよ。彼は素晴らしい友人だ。PSGに多くのことをもたらしている。パリでバロンドールを獲得する可能性だってあると思う。彼には決断力があるからね」と述べた。

PSGは近い将来、あの栄光のビッグイヤーを掲げることができるのか。今後も欧州制覇のキーマンとなるであろうネイマールの退団話が、早くも後を絶たないがはたして。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ