得点王&優勝は“大五郎カット”のおかげ!? 元祖怪物が日韓W杯を回想

日韓W杯で奇抜な髪型を披露した当時のロナウド氏 photo/Getty Images

奇抜な髪型で怪我の話題を変える

史上最高のストライカーと称される元ブラジル代表の“元祖怪物”ロナウドが、2002年に行われた日韓ワールドカップを回想。活躍できた理由などを語った。

1998年のフランスW杯ではMVPに選ばれるも、ブラジル代表は決勝でフランス代表に敗れ、優勝を逃していたロナウド氏。この悔しさをバネに挑んだ4年後の自身3度目のW杯では、圧倒的なパフォーマンスで8ゴールを挙げる活躍を見せるなど、得点王にも輝きチームを世界一へ導いた。

英『Daily Mail』などによると、そんなロナウド氏がインタビューに応じた際、当時のことについて「私は足に怪我を負っていて、みんながそのことについて話をしていた」と話しつつ「だから、私は少しだけ髪の毛を残す髪型にした。私がトレーニングへ行くと、みんながこの奇抜な髪型に注目していたよ。結果的に、誰も怪我について話をしなくなったんだ。そのおかけで、より冷静にリラックスした状態を維持することができたし、トレーニングにも集中することができた」と明かした。日本でも「大五郎カット」と呼ばれて大きな話題となったが、あの奇抜な髪型のおかげで怪我のことを忘れえることができ、プレイに集中できたようだ。

ただ「かなり奇抜だったね。だから、あの髪型に関して誇りには思っていないよ。話題を変えるには素晴らしい方法だったけどね」とも述べたロナウド氏。ロシアW杯へ挑む後輩たちへ「再び勝つことができるはず。私はブラジル代表について、全然心配していないよ。ここ2年、新監督のもとで多くのことを改善してきたからね」とエールを送っている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ