浦和から練習生を経て札幌に加入した西大伍 ミシャスタイルで自身の持ち味を発揮できるか

昨季は浦和でプレイした西 photo/Getty Images

一部報道についても解決したことを発表

昨シーズン限りで浦和レッズを退団した西大伍。注目が集まった移籍先は北海道コンサドーレ札幌に決まった。練習生でチームに入り、契約を勝ち取った西は、古巣でどのようなプレイを見せるのだろうか。

札幌のアカデミー出身の西は、2006年にトップチームへと昇格する。J1昇格を果たした2008年に27試合3ゴールと大きく飛躍すると、翌年はJ2で主力として活躍。アルビレックス新潟で経験を積むと、2011年に加入した鹿島アントラーズでレギュラーを獲得して2016年にはJ1優勝にも輝く。

ヴィッセル神戸を経て昨シーズンは浦和に加入し25試合1得点を記録。しかし酒井宏樹の加入によって出場機会が減少すると、1年での退団が決まった。その後はクラブが決まらず、札幌への練習参加でトレーニングを続けていたが正式に札幌への加入が決定。13年ぶりに古巣へ復帰した西は、自身の持ち味を発揮できるのだろうか。

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下で独自のスタイルを磨き続ける札幌。ボールを保持しながら試合を優位に進め、攻撃的なサッカーを展開するミシャのチームにおいて西の加入は大きな武器になるだろう。足元の技術と精度の高いキックを持つ同選手。正確なプレイが要求されるミシャのスタイルで、西の持ち味は存分に発揮されるはずだ。またWBでの起用となれば、彼の攻撃センスはさらに活かされる。戦力としてどのような輝きを見せるか期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ