目指せ“初のW杯出場” ダカ、ムウェプ、サカラたち黄金世代の可能性

レスターで活躍するダカ photo/Getty Images

若い世代が伸びている

現在行われている2022年のワールドカップ・カタール大会へ向けたアフリカ2次予選ではグループBの3位と出遅れてしまっているが、今後の躍進が期待されているのがザンビア代表だ。

ザンビアはワールドカップ出場経験がない。しかし、今の世代は楽しみなタレントが揃っているのだ。

まずは何と言ってもレスター・シティFWパトソン・ダカだ。まだスタメン定着とはなっていないが、ザルツブルクからやってきた快速FWのダカはワールドクラスのストライカーに成長する可能性を秘めている。ザンビアが生んだスーパースター候補と言える。

ダカは2017年に行われたU-20アフリカ・ネーションズカップでザンビアを初優勝へ導くと、U-20ワールドカップでもベスト8まで進出。準々決勝では延長戦の末イタリア代表に敗れたが、この世代がA代表でも主力になりつつあるのだ。

ダカと一緒にU-20の世代で暴れた選手では、現在イングランドのブライトンで活躍するMFエノック・ムウェプ、レンジャーズFWファッション・サカラ、U-20アフリカ・ネーションズカップでダカと並んで大会得点王を獲得したスウェーデンのユールゴーデン所属FWエドワード・チルフィヤ、同じくユールゴーデンでプレイするMFエマニュエル・バンダなど、欧州でプレイする者も増えている。

英『BBC』は守備の安定がワールドカップ出場には不可欠と課題も挙げているが、その課題さえクリアすれば2026年大会は本気で出場を狙えるかもしれない。

攻撃力の方はアフリカでも高いレベルにあり、ダカらの世代はまだ20代前半と若い。カタール行きは難しいかもしれないが、じっくりとワールドカップ初出場へ実力を磨いてほしいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ