バルセロナの若手が凄い “世代交代”スピードはレアルをも超えるのか

勝利を喜ぶアラウホ(左)とテア・シュテーゲン(右) photo/Getty Images

アタッカーからセンターバックまで優秀な若手続々

近年はレアル・マドリードの方が若手補強に動いている印象が強く、FWヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴ・ゴエス、MFレイニエル・ジェズス、さらには久保建英と、才能ある若手を各国から集めている。彼らは数年後の銀河系軍団を支えるであろう候補者たちだ。

それに対してライバルのバルセロナは若返りが遅れていると指摘されていたのだが、少々状況は変わってきている。レアルが外から続々と優秀な若手を引っ張ってきているのに対し、バルセロナの方は再びカンテラ(下部組織)組にスポットが当たり始めているのだ。

前線では今季開幕から18歳のFWアンス・ファティが大ヒットし、同じくワイドな位置を本職とするアメリカ人FWコンラッド・デ・ラ・フエンテもBチームで評価が上昇。トップチーム定着を狙う段階へ入ってきている。

またカンテラ出身ではないが、今夏ラス・パルマスから合流した18歳のMFペドリも一気にブレイク。狭いスペースでも前を向くテクニックがあり、ドリブルの精度も高い。アンドレス・イニエスタと比較される理由が分かる小柄なテクニシャンで、バルセロナのスタイルに合うタイプのMFだ。

そして現在サポーターの注目を集めているのが、負傷離脱したジェラール・ピケの穴を埋めるべく奮闘している21歳のDFロナウド・アラウホとDFオスカル・ミンゲサのセンターバック2人だ。

アラウホと同じ21歳のミンゲサ photo/Getty Images

若手は将来への希望

2人は揃ってBチームでプレイした経験があり、センターバックに怪我人が続出したことからトップチームで出番を与えられることになった。前節のレアル・ソシエダ戦では2人が揃って先発し、2-1の勝利を収めている。

特にアラウホの方は191cmのサイズとスピードを兼ね備えており、広範囲をカバーできる現代的なセンターバックだ。足下の技術はピケに及ばないが、ピケの後継者候補として試していきたい選手ではある。

ミンゲサの方もバックアッパーとしては十分な能力を備えており、2026年までクラブと契約を結んでいる26歳のDFクレマン・ラングレとの3人で長期にわたってバルセロナを支える存在となるかもしれない。

ピケが離脱した際にはカンテラ出身で現在マンチェスター・シティに所属している19歳のDFエリック・ガルシア獲得案が盛んに噂されたが、アラウホとミンゲサが計算できるならばガルシアにこだわりすぎる必要もないかもしれない。

怪我人が出たこともあるが、ここまでバルセロナを指揮するロナルド・クーマンは積極的に若手へチャンスを与えている。他にもMFではカンテラ出身のリキ・プッチも控えており、楽しみな人材が多い。彼らが順調に育てば、バルセロナの方がレアルより先に大幅な若返りを果たすことになるかもしれない。

リオネル・メッシやピケ、セルヒオ・ブスケッツなど2010年代のチームを支えた選手たちもベテランの領域に入った。世代交代は避けられぬテーマだったが、ここでカンテラ組が力を発揮するのか。今季は思うような結果が出ていないが、若手のフレッシュな活躍はサポーターの希望となっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ