C・ロナウドより上の才能がいた!? ポルトガルで運命分かれたアタッカー

ロナウドはマンUで順調に成長 photo/Getty Images

注目集めていたもう1人の男がいた

2003年、マンチェスター・ユナイテッドはFWクリスティアーノ・ロナウドをスポルティング・リスボンから獲得することに成功した。この補強は大成功だったのだが、実は当時のスポルティングにはもう1人高い評価を得ていた若者がいた。

ロナウドも才能を称えていたとされるFWファビオ・パイムだ。

ロナウドと同じくスポルティングの下部組織で技を磨いていたパイムは、1988年生まれの32歳。ロナウドの方が3つ年上なのだが、英『GIVE ME SPORT』によればマンU加入当初のロナウドはパイムの才能を高く評価していたのだという。

ロナウドは「ファビオ・パイムを見るまでは、僕が優れていると思うかもね」と語ったと伝えられており、同じくウイングでプレイしていたパイムはロナウドよりハイレベルな選手へ成長していた可能性がある。

ただ、それは現実とはならなかった。同メディアがロナウドとの違いに挙げたのは、メンタリティだ。ロナウドには圧倒的な向上心があったが、パイムにはそれが欠けていた。

ポルトガル世代別代表でプレイしていたパイム photo/Getty Images

2008年にはチェルシーへ移籍したこともあるのだが、そこでパイムは結果を残せなかった。結果的にはマルタ、ルクセンブルク、アンゴラ、リトアニア、カタールなどマイナーなクラブを転々とするキャリアになってしまい、スタープレイヤーにはなれなかった。

「時折チェルシーのトップチームと一緒にトレーニングしたけど、プレイできなかった。試合に出たかったよ。もっとやれると感じていた。今の私ならば、もっと我慢できただろう。だけど当時の私はより自由な時間があり、愚かなことをしていた」

パイムはこのようにチェルシーでのキャリアを振り返っている。この頃ロナウドはすでにスタープレイヤーの仲間入りを果たし、チャンピオンズリーグのタイトルも手にしていた。若い頃はそれほど変わらないレベルにあったかもしれないが、プロになってからの努力が2人の間に大きな差をつけることになったようだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ