ピケはヴィニシウスの得点力を甘く見ていた!? 「得点を決めてないと……」[映像アリ]

得点を決めたヴィニシウス photo/Getty Images

一瞬寄せが遅れたか

1日に行われたレアル・マドリードVSバルセロナのクラシコにて、均衡を破るゴールを決めたのはレアルの19歳FWヴィニシウス・ジュニオールだった。

左サイドで相手の裏を取ってトニ・クロースからボールを受けたヴィニシウスは、そのままペナルティエリアへ侵入して右足一閃。バルセロナDFジェラール・ピケに当たってはいたものの、貴重な先制点となった。

注目されているのは、ピケの対応が正しいものだったかどうかだ。スペイン『MARCA』によると、スペイン人ジャーナリストのフリオ・マルドナード氏はピケがヴィニシウスの得点力を甘く見ていたのではないかと指摘する。

ヴィニシウスは得点を多く奪う選手ではなく、ゴール前のプレイにはまだまだ課題がある。ピケも中への折り返しばかりを考え、ヴィニシウスのシュートをケアするのが遅れてしまったのかもしれない。

「ピケは良いゲームをしていたと思う。バルセロナのベストプレイヤーだった。テア・シュテーゲンと並んでね。失点シーンを除けば、彼のポジジョニングは良かった。彼はヴィニシウスが多くの得点を決めていないと分かっていたから、少しスペースを開けてしまったのだろう」

確かに映像で振り返ると、一瞬ピケの寄せが遅かったようにも見える。仮にあれがクリスティアーノ・ロナウドならば、ピケも迷わず詰めたはず。結果的にはその一瞬の遅れが失点に繋がることになり、ヴィニシウスの得点力を少し甘く見すぎたか。

・ゴールは1:07〜



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ