武藤嘉紀にラストチャンスはあるか 超ハードスケジュールで起用の可能性も

ニューカッスルの武藤 photo/Getty Images

英メディアは可能性ありと期待

プレミアリーグはここから冬のハードスケジュールへと突入していくことになり、各クラブの指揮官は選手たちの疲労を巧みにコントロールしていかなければならない。

普段なかなかチャンスが与えられないという選手でも、過密日程の中で出番が回ってくる可能性もある。

英『HITC』は、ニューカッスルで苦戦するFW武藤嘉紀にもチャンスが巡ってくるのではないかと伝えている。

武藤は指揮官スティーブ・ブルースの構想から漏れており、最後に出番が与えられたのは9月29日のレスター・シティ戦だ。今冬には移籍を希望しているとも言われているが、同メディアはここから1月4日までの過密日程8試合の中でチャンスが回ってくる可能性があると見ている。

ニューカッスルは5日のシェフィールド・ユナイテッド戦を皮切りにリーグ戦7試合、さらに1月4日にFA杯3回戦をこなす予定となっている。ここからはかなりのハードスケジュールだ。

しかもニューカッスルの前線は特に目立った結果を残せていない。FWジョエリントンもリーグ戦では僅か1得点のみで、ミゲル・アルミロンとアラン・サン・マクシマンは未だに無得点だ。武藤にも付け入る隙はあるはずだ。

同メディアはこの過密日程の中でも出番がなかった場合、冬の移籍は避けられないと見ている。武藤にとってはニューカッスルでのラストチャンスとも言えるが、ここで特大のインパクトを残すことはあるだろうか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ