アザールがいなくても何とかなる! ランパードの言葉が頼もしい

自信をのぞかせたランパード photo/Getty Images

「我々はすでに十分強い」

2019-20シーズンからクラブのレジェンドであるフランク・ランパード氏が指揮を執ることとなったチェルシー。しかし、チームの中心として長らく活躍したFWエデン・アザールはレアル・マドリードへと移籍してしまった。今季リーグ戦でチェルシーがあげた得点「63」の約半分に絡んだエースの放出は間違いなく痛手だ。

しかし、新指揮官は現在のチームでも十分戦えると感じているようだ。英『Daily Mirro』によると、ランパード氏はアザールが抜けた後であっても競争力は維持できていると次のように述べた。

「アザールはクラブに素晴らしいものを残していってくれた。我々は彼に感謝しているよ。もう彼を頼ることはできない。去ってしまったからね。我々にとって今重要なのはクラブをどうやって前進させるかだ。だけど、我々はすでに十分強いし若くて活きのいい年代の選手が揃っている。すでに何人かはビッグプレイヤーだ。私の仕事の1つは、その中でも優秀な若手選手の成長を促すことだね」

チェルシーにはFWカラム・ハドソン・オドイを筆頭に、優秀な若手選手が多数在籍している。加えて、来季はランパード氏がダービー・カウンティで重用したレンタル選手のMFメイソン・マウントやDFフィカヨ・トモリが復帰することが濃厚だ。これらの選手たちが次々にブレイクすれば今季以上のチームとなることも十分可能だろう。

たくさんのロマンが詰まった2019-20シーズンのチェルシー。とはいえ、ある程度の結果を残さなければいくらレジェンドと言えど、早々にお払い箱となってしまうだろう。はたして、ランパード氏はどのようなチームを作り上げるのか。青年監督の手腕に期待がかかる。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ