[今週の注目試合]白熱のコパ・アメリカ ACLはノックアウトステージに突入

○鹿島アントラーズ×サンフレッチェ広島


ACLラウンド16 1stレグ 
18日(火)19:00 キックオフ
放送:日テレNEWS24



ACLのラウンド16で、まさかの日本勢同士が激突。今大会では日本のクラブによるACL3連覇がかかっているため、早すぎる対戦に少々残念ではあるが、この一戦から鹿島と広島の3連戦(両クラブは25日のACL・2ndレグに加えて、30日のJ1第17節でも相見える予定)ということもあり、白熱した試合になることは間違いないだろう。鹿島はFW安部裕葵、広島はGK大迫敬介とMF松本泰志、コパ・アメリカの影響で期待の若手を欠く中での試合となるが、どちらに軍配が上がるのか。のちの2試合を優位に進めるためにも、両チームにとって3連戦の初戦は絶対に落とせない戦いだ。

2年ぶりのアジア制覇を目指して、ACLラウンド16へ挑む浦和 photo/Getty Images

○浦和レッズ×蔚山現代


ACLラウンド16 1stレグ 
19日(水)19:30 キックオフ
放送:日テレNEWS24



グループGを2位通過した浦和は、グループステージで川崎フロンターレを退け、グループHを首位で突破した蔚山現代とラウンド16で相見える。蔚山現代は現在、Kリーグ1で2位につけており、2012年にアジア制覇を成し遂げている韓国の強豪クラブだ。FWイ・グノやMFキム・ボギョン、DFパク・チュホなど日本でも馴染みのある経験豊富な選手が多数いるほか、マンチェスター・シティからレンタルで加入しているアメリカ代表MFミックス・ディスケルドといった曲者もいる。1stレグは浦和のホームということもあり、是が非でも勝利を手にしたい。そして、ノックアウトステージからはアウェイゴールが運命を大きく左右する可能性が高いため、できることなら失点をゼロで抑えたいところだ。

初戦を落とし頭をかかえるメッシ。第2戦もやはりキーマンか

○アルゼンチン代表×パラグアイ代表


コパ・アメリカ グループB第2節 
20日(木)9:30 キックオフ
放送:DAZN



グループステージの初戦で強豪コロンビアに敗れ、黒星スタートを切ることとなったアルゼンチン。2大会連続で決勝へコマを進めており、今大会でも優勝候補の一角とされていたが、早くもピンチに立たされている。2試合目の対戦相手は、初戦でカタールと引き分けに終わったパラグアイだ。前評判ではアルゼンチン優位との声が多いが、決して油断はできない。実際にロシアW杯の南米予選では、アルゼンチンはパラグアイから2試合で1点も奪うことができずに1分1敗と負け越しているのだ。ただ、この2試合ではメッシが負傷により欠場していた。やはり今回の一戦では「10番」がキーマンとなりそうだ。そしてアルゼンチンの豪華な攻撃陣は爆発するのか。

○ウルグアイ代表×日本代表


コパ・アメリカ グループC第2節 
21日(金)8:00 キックオフ
放送:DAZN



若きサムライたちがチリの次に挑むのが、破壊力のある攻撃と安定した守備でエクアドルを相手に初戦を快勝したウルグアイだ。昨年行われた親善試合で日本に辛酸を嘗めさせられていることもあり、相手が五輪世代の日本といえども、リベンジに燃えているであろうウルグアイは本気でかかってくることだろう。決勝トーナメント進出を果たすためにも日本は、決して簡単なことではないが、この一戦で少なくとも勝ち点「1」は手にしたいところ。そのため、まずはチリ戦で得た反省を活かし、粘り強い守備を披露したい。そして、訪れたチャンスをきっちりモノにできるか。世界の凄さを肌で感じ、是非とも1年後に控える東京五輪への飛躍に繋げてもらいたいものだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ