イグアインはチェルシーで活躍できるのか? 不安視される31歳という事実

チェルシーに加わったイグアイン photo/Getty Images

激しいプレミアに適応できるのか

チェルシーは指揮官マウリツィオ・サッリの教え子であるFWゴンサロ・イグアインの獲得を発表したが、イグアインはチェルシーサポーターが待ち望んだストライカーなのだろうか。

イグアインの実績は十分で、これまでレアル・マドリードやナポリ、ユヴェントスなど欧州トップクラブでプレイを続けてきた。アルゼンチン代表でも長年プレイしており、ワールドクラスのストライカーなのは間違いないだろう。しかもナポリではサッリの指導を受けており、いきなりチェルシーで爆発してくれるのではと期待している人も多いはずだ。

しかし英『sky SPORTS』によると、チェルシーでプレイした経験を持つジミー・フロイド・ハッセルバインク氏はイグアインに少しの疑問を抱いている。イグアインの能力は認めているが、フィジカルの部分でプレミアに適応できるか疑問を抱いているのだ。

「唯一心配なのは彼が31歳であることだ。彼はどうフィットし、プレミアに適応するのだろうか?我々はプレミアが世界で最もハードなリーグだと知っている。フィジカル的に良い状態でないといけないんだ。フィジカルが良い状態にあれば、彼は得点を決めるだろう。そうじゃなければ、少し問題を抱えることになるだろう」

特にイグアインは体型のことが問題視されてきた選手でもある。プレミアのスピーディーなサッカーはセリエAよりも肉体的に激しい。まずはそれに適応していくことから始める必要があるが、イグアインはすぐにゴール量産となるだろか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ