レーヴを納得させるまで! バルサGKが狙うEUROでの”ノイアー崩し”

バルセロナのテア・シュテーゲン photo/Getty Images

ロシアW杯の序列には納得せず

昨年のロシアワールドカップでドイツ代表はグループステージ敗退の屈辱を味わったが、この時批判を浴びたのが守護神マヌエル・ノイアーだった。ノイアーは負傷から復帰してワールドカップへ間に合うよう調整してきたのだが、以前のようなパフォーマンスではないと指摘されていた。

その一方で、昨季はバルセロナでGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが好パフォーマンスを見せていた。ネームバリューならノイアーが上かもしれないが、シーズンを通してのパフォーマンスを考えればテア・シュテーゲンを正守護神にすべきと考えていた人も多かったはずだ。ドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴは最後までノイアーを信頼したが、あの判断が正しかったのかは未だに疑問が残っている。

しかもレーヴはEURO2020でもノイアーの状態が良い場合は守護神として起用する考えを明かしており、その信頼は厚い。これはテア・シュテーゲンからすれば面白くないだろう。独『Sport Bild』によると、テア・シュテーゲンはレーヴの考えが変わるまで努力を続ける考えで、ロシアワールドカップでの序列にも満足していないことを明かしている。

「レーヴが僕を1番と判断するまで奮闘したいね。昨季も非常に良いシーズンだったと確信していたんだ。だからこそ、レーヴの判断を聞いた時は残念だったよ」

ノイアーは今でもバイエルンのゴールマウスを任される存在で、まだまだトップレベルの選手だ。EURO2020までトップレベルを保つことは可能なはずだが、テア・シュテーゲンはその牙城を崩せるのだろうか。ドイツでは今後も豪華すぎるGK争いが行われることになる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ