コロンビア戦まであと2ヶ月…… 香川真司、ついにドルトムントの全体練習へ復帰!

チームへ合流した香川。実戦復帰もまもなくか photo/Getty Images

日本のエースの巻き返しに期待

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、19日の全体トレーニングで待望の復帰を果たした。

指揮官にペーター・シュテーガー監督が就任して以降、チームの主力として活躍し、昨年末から年明けにかけて、目に見える結果を残してきた香川。2018年はW杯イヤーということもあり、ブンデスリーガ後半戦でのさらなる活躍が期待された。しかし、今年2月に行われた第22節ハンブルガー戦で負傷。香川は長期離脱を余儀なくされていた。

だが、ロシアW杯の初戦であるコロンビア戦(6月19日)までちょうど2ヶ月となったこの日、吉報が入ってきた。クラブの公式Twitterを更新したドルトムントは、トレーニング風景を公開。ボールを蹴る姿など、トレーニングに励む香川の写真を3枚投稿し、「Welcome back!(お帰りなさい)」と綴っている。先日、いくつかの地元メディアが、香川が個別トレーニングを再開したことを報じていたが、ついにチームへ合流したようだ。

同日にクラブの公式サイトで公開されたレヴァークーゼン戦(21日の第31節)の予想メンバーに、香川は含まれていなかったため、すぐに実戦復帰とまでは行かなそうだが、近々その姿をピッチでも見ることができそうだ。新体制となった日本代表のためにも、自身のためにも、日本のエースのここからの巻き返しに期待したい。



参照元:クラブの公式Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ