古巣・横浜FM戦で開始13秒の電光石火弾! 富樫敬真「ラッキーなゴール」[映像アリ]

今季から期限付きでFC東京へ加入した富樫 photo/Getty Images

ゴール以上に悔しさを滲ませた富樫

18日にYBCルヴァンカップのグループステージ第4節が行われ、FC東京が横浜F・マリノスをホームへ迎え入れた。試合は、前半にFC東京が2点を奪うが、後半に横浜FMが2点を奪い返し、2-2のドロー決着となっている。

古巣横浜FMとの一戦でスターティングメンバーに名を連ね、キックオフ直後に相手の連携ミスを突き、開始13秒という電光石火のゴールを決めたFW富樫敬真。試合後のインタビューに応じると、先制点のシーンを「ラッキーなゴールだった。横浜FMはリスクを冒してでも攻めてくることはわかっていた。その隙を突こうと話していたので、そういう意味では、みんなで狙って取れたゴールだと思う」と振り返っている。クラブの公式サイトが伝えた。

ただ、2点のリードを守りきれず、白星を勝ち取ることができなかったFC東京。富樫は「(先制点後に)みんなで『落ち着こう』と話していた。それより、2点目を取るチャンスで、僕が決められなかったことがこの結果につながった。そこは反省すべき点」と悔しさを滲ませている。



参照元:YouTube


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ