“救世主”の放出阻止へ ミラン、生え抜きFWとの契約延長で合意か

注目の若手ストライカー、クトローネ photo/Getty Images

ミランを復活させたクトローネ

今季ブレイクを果たしたACミランの若きストライカー、パトリック・クトローネ。所属クラブとの契約を間も無く延長することとなりそうだ。

1月に20歳の誕生日を迎えたクトローネはミランの下部組織出身で、昨年1月にトップチームへ昇格。同年5月に行われたボローニャ戦で途中出場を果たし、セリエAデビューを飾っていた。そしてプロ2年目となる今季は、開幕前に他クラブへのレンタル移籍話などが浮上したが、チームへ残留。すると、開幕スタメンを飾り、チームを勝利へ導く貴重なゴールも決めている。

その後、出場機会に苦しむ場面もあったが、成績不振により指揮官がヴィンチェンツォ・モンテッラ監督からジェンナーロ・ガットゥーゾ監督に代わると、再びチームの主力として活躍。コンスタントにゴールを奪って勝利に貢献しており、チームに勢いを取り戻させた。その結果、先日発表されたイタリア代表の招集メンバーにも初めて選出されている。

そんなクトローネに関心を寄せているクラブがいくつかあるようだが、この若きストライカー放出を避けるべく、ミランは倍以上の年俸アップ(40万ユーロ→110万ユーロ)と2023年までの新契約を準備。延長することですでに双方合意に至ったと、伊『sky SPORT』などが報じている。また、この新契約には買取条項は組み込まれていないという。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ