“エレガント”なプレイで魅了したベルバトフ 自身とプレイスタイルが似ている選手に選んだのは……

マンUでプレイしていたベルバトフ photo/Getty Images

アーセナルで調子をあげてきたあの選手

トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドで活躍したストライカーのディミタール・ベルバトフ。

189cmという長身ながらも足元の技術が優れていた同選手。柔らかいボールタッチも同選手の特徴の1つであり、そのプレイスタイルは “エレガント”と称された。ゆったりとした動きのプレイで、「怠け者」と呼ばれることもあったベルバトフだが、多くのファンを魅了してきた。

そんなベルバトフは、自分のプレイスタイルに最も似ているプレミアリーグの選手を問われ、アーセナルに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツの名前を挙げた。
「比較するのは好きではないが、質問に答えるためには誰かを指摘する必要がある。最初に頭に浮かんだ名前はカイ・ハフェルツだ」

「(バイエル)レヴァークーゼンとのつながり。私がレヴァークーゼン出身で、彼もレヴァークーゼン出身だからというわけではないが、彼はピッチ上で冷静だが相手にとって致命的になるような動き方をしており、必ずしも急いでいるというわけではない。彼はよく観察し、研究し、時間をかけて取り組んでいる。ボールタッチも上手い。正直なところ、彼のことは好きだしアーセナルでの活躍を祈っている」(英『Daily Mail』より)

ハフェルツは今夏にチェルシーからアーセナルに加入。移籍当初はなかなか結果を出せず、批判の的となっていたが、徐々にフィットし頭角を現している。プレミアリーグでは17試合に出場し、4ゴール1アシストを記録しており、チームの攻撃の中心となりつつある。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ