スペイン倒して首位通過で決勝T進出 2大会連続16強入りは史上初。森保ジャパンが”ジンクス”破る

堂安律のスーパーゴールが流れを変えた photo/Getty images

ドイツ戦と同様に後半一気にギアを上げた日本

アジア最終予選を勝ち抜き、7大会連続となるFIFAワールドカップ出場を決めた日本代表。抽選会ではスペイン、ドイツ、コスタリカと同じグループになり、決勝トーナメント進出はかなり難しい組み合わせとなった。

しかし初戦から日本が番狂わせを起こす。W杯優勝経験のあるドイツ相手に後半2ゴールを決め、逆転勝利を果たしたのだ。大きな勝ち点3であり、16強入りに一歩近づいた。

だが続く2戦目はコスタリカに敗れてしまう。勝ち点1を奪えれば十分だったが、それもできず勝ち点3でグループステージ最終節に臨む。
日本がスペインに勝利し決勝トーナメント進出を掴むようなことがあれば、大きな一歩となる。日本は続けてW杯でベスト16入りしたことはなく、初出場のフランス大会からグループステージ敗退と16強入りを繰り返している。スペインに勝って次のステージに進めば、日本の歴史が変わる。

しかしスペイン戦では前半に早くも失点を喫してしまう。その後は0-1と傷口を広げずに済んだが、逆転したドイツ戦ほどの勢いはまだない。

後半日本は三笘薫、堂安律と2人のアタッカーを投入する。この攻撃的な采配が実り、堂安、田中碧がゴールをゲット。3分間で日本が逆転に成功する。

その後日本は守備で耐える苦しい時間となったが、耐え抜き1-2でドイツ戦に続き逆転勝利を成し遂げる。これで日本は2勝1敗の勝ち点6、グループ首位で決勝トーナメント進出を決めた。

日本はこれまで続いたW杯のジンクスを抜け出すことに成功した。初の2大会となる16強入りであり、ラウンド16ではグループFを2位で通過したクロアチアと対戦することになる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ