バイエルンに欲しいセットプレイからの得点 名乗り上げたのはデ・リフトだ「自分の空中戦の能力を考えれば」

今夏バイエルンに加わったデ・リフト photo/Getty Images

昨季はDF陣の得点力が物足りなかった

現代サッカーではセットプレイの重要性が増しているが、その中で気になるのはドイツ王者バイエルンだ。

バイエルンは今夏にFWロベルト・レヴァンドフスキを手放しており、その穴を埋めていかなければならない。昨季リーグ戦で35ゴールを決めていたレヴァンドフスキの穴を1人の選手で埋めるのは難しく、チーム全員で埋めていく必要がある。

貴重なゴールゲッターに名乗りを上げるのは、今夏に加わったDFマタイス・デ・リフトだ。プレシーズンマッチのDCユナイテッド戦ではさっそくセットプレイからゴールも決めており、さらにネットを揺らしていきたいと意気込む。

「自分の空中戦の能力を考えれば、もっとゴールを決めるべきだと思う。DCユナイテッド戦でのゴールのように、僕はボックス内でアクティブだからね」(米『ESPN』より)。

昨季バイエルンのDF陣ではダヨ・ウパメカノ、ニクラス・ズーレ、タンギー・クアッシ、ヨシプ・スタニシッチの4人がゴールを決めているが、このうちズーレは今夏にバイエルンを退団してドルトムントへ移籍している。ズーレは195cmと高さもある選手だっただけに、セットプレイの面でも失ったのは痛い。デ・リフトがその穴を埋められれば理想的だ。

クアッシ、スタニシッチの2人は主力になりきれていないだけに、バイエルン守備陣の得点力はやや物足りない。デ・リフトが今季攻撃面でもどこまで結果を残せるのか注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ