10試合以上残してもう“15ゴール”達成 セリエAで覚醒するシメオネJr.

ヴェネツィア戦でハットトリックの大活躍を披露したシメオネ photo/Getty Images

このペースを維持できれば20ゴール超えも

2021-22シーズン、イタリア・セリエAで印象的な活躍を披露しているストライカーといえば誰か。得点ランキングトップに立つユヴェントスのドゥシャン・ヴラホビッチや彼を追うラツィオのチーロ・インモービレ、シーズン終了後のビッグクラブ行きも噂されるサッスオーロのジャンルカ・スカマッカ……。おそらく、多くの人が思い浮かべるのはこのような選手たちか。

しかし、少し地味ながらも中堅クラブで再ブレイクを果たしているのが、エラス・ヴェローナのFWジョバンニ・シメオネ(26)だ。アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督の息子としてもお馴染みの同選手は、ここまでセリエAでゴールを量産中。第18節から前節までの9試合は無得点の期間が続いていたものの、現地時間27日に行われたヴェネツィア戦ではハットトリックの活躍で再びエンジンを掛けてきた。これで今季積み重ねたセリエAでの得点数はリーグ3位となる15ゴールとなっている。

そんなシメオネはこの15ゴール目で、自身のセリエA最多得点数を更新。これまでのキャリアハイは2017-18シーズンに記録した14ゴールだったが、26歳を迎えた今季はあと10試合以上を残して新たな領域へと足を踏み入れることに成功している。ここまで出場1試合あたりの平均得点数は「0.6」となっているだけに、このペースを維持できればシーズン終了時には21~22ゴール程度を稼ぐことも可能だ。

15ゴールの壁どころか、今季は夢の20ゴール超えも十分に射程圏内となっているシメオネ。はたして、このストライカーはここからセリエAであとどれほどの得点を積み重ねてくるのか。中堅クラブで躍動するゴールハンターはまだ止まりそうにない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ