もうクルトワが《現世界No.1GK》で文句なし? あと5年は銀河系軍団を支えられる絶対守護神

レアルの絶対守護神クルトワ photo/Getty Images

シュートストップでは圧倒的評価

現世界最高のGKは誰なのか。これは定期的に議論されるものだが、現時点ではレアル・マドリードGKティボー・クルトワで誰もが納得するのではないか。

守備はGK1人で完成するものではないが、レアルでクルトワが見せているパフォーマンスは圧巻だ。先日にはスペイン・スーパー杯決勝でアスレティック・ビルバオを2-0で撃破したが、クルトワはこのゲームでPKストップも披露。そこまで足下の技術が高いGKではないが、シュートストップの部分に関してクルトワは抜群の反応を見せている。

『EuroSport』もクルトワを現世界最高のGKと称賛する。最近では昨夏のEURO2020を制したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、チェルシーGKエドゥアール・メンディも人気だが、ドンナルンマはまだ移籍したパリ・サンジェルマンで守護神になり切れていない。

メンディの方もチェルシーで不安定な部分を見せたゲームがあり、その点から同メディアはクルトワの方が評価は上と見ている。

アトレティコ・マドリードGKヤン・オブラク、バルセロナGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンはクラブの状況もあって評価が伸びず、クルトワのライバルとなるのはマンチェスター・シティのエデルソン・モラレスやリヴァプールのアリソン・ベッカー、バイエルンのマヌエル・ノイアーといったところか。

足下の技術ではノイアーやエデルソンの方が上だろうが、シュートストップの部分ではクルトワがNo.1と言っていい。まだ30歳ということもあり、レアルはあと5年ほど全盛期のクルトワを楽しめるのではないだろうか。レアル移籍当初は評価を落としたところもあったが、今となってはレアルのクルトワ獲得は大正解だったと言えそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ