サネの穴は“17歳”で埋められる ペップが育て上げたい新鋭ウインガー

マンCのブラーフ photo/Getty Images

ノリッジ戦での起用を示唆

マンチェスター・シティは今夏、バイエルン・ミュンヘンへの移籍によってドイツ代表FWレロイ・サネを失うこととなる。近年こそ怪我の影響で出場機会が限られていたものの、彼が主力選手の1人だったことは間違いない。放出は痛手だったと言えるだろう。

このサネ放出で空いたウインガーの席。はたして、マンCはどのようにして埋めにかかるのだろうか。ひとつ案として浮かぶのは既に完成された選手を他クラブから獲得すること。しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督は下部組織に所属する新鋭のブレイクに期待しているのかもしれない。指揮官は残り1試合となった今季のプレミアリーグで、17歳FWジェイデン・ブラーフに経験を積ませる可能性を示唆している。

「今週は我々がブラーフと過ごした最初の週だった。辛抱強く起用していく必要があるかもしれないが、彼はまだ若く才能がある。試したい選手は多いけれど、彼がどこまで進化しているかは試合の中で確認する必要があるね。間違いなく期待している選手だよ」

現地時間26日に行われるリーグ戦最終節のノリッジ戦を前に、グアルディオラ監督がこのように語ったことを英『Manchester Evening News』が伝えている。同メディアも今後の活躍次第では指揮官がブラーフを戦力の一人としてカウントする可能性があると主張。ノリッジ戦で好パフォーマンスを披露できれば、17歳が一気にスターダムを駆け上がることも考えられるか。

マンCで新たに開花するかもしれない下部組織出身のビッグタレント。ジェイデン・ブラーフという名を覚えておいて損はないだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ