今季23得点の相手エースを完封した“ビッグマン” 絶賛の声は母国からも

試合を通じてスモーリング(左)はインモービレ(右)に仕事をさせなかった photo/Getty Images

「ファンも拍手喝采のはず」

2019-20シーズン、活躍の場をイングランドからイタリアへと移したことで評価が急上昇したDFがいる。マンチェスター・ユナイテッドからASローマにレンタル移籍中のクリス・スモーリングだ。

昨季マンUではあまり出番を得られず、今季から最終ラインに不安の残るローマへと貸し出されたスモーリング。レンタル元での境遇もあり、正直なところロマニスタの多くがこの30歳にはそこまで期待していなかったことだろう。しかし、スモーリングはイタリアでそのイマイチだった評価を覆し、今では空中戦や1対1での強さを武器にローマの欠かせない戦力となっている。

そんなスモーリングの守備面での優秀さは、現地時間26日に行われたセリエA第21節でも見て取れた。相手は前節までリーグ戦11連勝中の快進撃を見せていたラツィオだったが、このDFは試合を通して相手のエースであるイタリア代表FWチーロ・インモービレを完封。早くもリーグ戦23ゴールを挙げている欧州屈指のストライカーを沈黙させることに成功し、1-1の引き分けに多大な貢献を果たした。

この試合、スルーパスに抜け出そうとするインモービレの常に先を行っていたスモーリング。ラツィオの切れ味鋭いカウンターが不発だったのは彼の努力によるところも大きかったはずだ。そんな出色のパフォーマンスを披露した長身DFには、母国であるイングランドからも称賛の声が寄せられている。

「スタディオ・オリンピコでの“ローマ・ダービー”は、間違いなくスモーリングにとって試練だったはず。しかも相手は絶好調のラツィオ。だが、このビッグマンは試合を通して堅調なパフォーマンスを披露した。失点のシーンにこそ関与したものの、あれはGKパウ・ロペスのミスと言える。彼の出来にはローマのファンも拍手喝采のはずだ」

スモーリングをこのように褒めちぎったのは英『THE Sun』だ。イングランドで思うような時間を過ごせなかったDFがイタリアで大ブレイクを果たしている姿には地元メディアも興奮を隠せない様子。手放しでラツィオ戦のスモーリングを絶賛している。

イタリアで影響力を拡大する長身CB。はたして、スモーリングは今季終了までの間に一体どこまでその評価を上げていくのだろうか。30歳にして覚醒の時を迎えた彼の姿に、すべてのロマニスタが興奮している。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ