バイエルン史上最高のDFの1人へ 会長が確信する23歳の大成功

バイエルンのパヴァール photo/Getty Images

レヴァンドフスキら攻撃陣だけじゃない

ロベルト・レヴァンドフスキ、フィリペ・コウチーニョを軸とした華麗な攻撃にも注目が集まるが、今季のバイエルンは新たな構成となった最終ラインも見逃してはならない。ここまでリーグ戦では失点を4点に抑えており、守備も十分に機能している。

今夏チームに加わったリュカ・エルナンデス、バンジャマン・パヴァールのフランス代表コンビは今後バイエルンの最終ラインを長く支えていく存在となるはずで、すでにポジションを掴んでいる。

独『Sport1』によると、バイエルンのウリ・ヘーネス会長が特に気に入っているのはシュツットガルトから獲得したパヴァールだ。パヴァールの獲得には3500万ユーロを費やしたが、ヘーネス会長はクラブ史上最高クラスの補強になると確信している。

「数週間で彼はクラブ史上最高の補強の1つになることを証明している。私の中では常に彼が素晴らしい補強になるとの考えだったんだ。彼は素晴らしいキャラクターだしね」

パヴァールは23歳と若いが、フランス代表ではエルナンデスとともにワールドカップ制覇も経験した。シュツットガルトでブンデスリーガの環境も理解しており、それも大きな強みだ。レヴァンドフスキとコウチーニョが爆発を続け、新編成の最終ラインが安定していればチャンピオンズリーグでも上位進出は可能だろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ