ファン・ダイクの”相棒”忘れないで マンCがついに見つけたコンパニの後継者

マンCのラポルテ photo/Getty Images

PFA年間ベストイレブンではファン・ダイクとともにセンターバックで選出

マンチェスター・シティが長年探し求めていたのは、絶対的リーダーであるDFヴァンサン・コンパニの後継者だ。当初はコンパニの相棒探しが続けられていたが、近年のコンパニは怪我に悩まされてきた。相棒はもちろん、コンパニに代わる頼れるセンターバックを見つける必要があったのだ。

その答えは徐々に見えてきたのではないか。コンパニとタイプは異なるが、英『Daily Mail』がマンCの未来と絶賛するのはアイメリック・ラポルテだ。昨年1月にアスレティック・ビルバオから加わったレフティーのラポルテは、足下の技術にも優れた現代的なセンターバックだ。指揮官ジョゼップ・グアルディオラからの信頼も厚く、左のセンターバックは完全にラポルテで固定された。

そのラポルテは先日発表されたPFA年間ベストイレブンにもセンターバックで選出されている。PFA年間最優秀選手賞に輝いたリヴァプールDFフィルジル・ファン・ダイクのことばかり話題に挙がるが、ラポルテもシーズンを通して高い評価を得てきたセンターバックなのだ。24歳という年齢を考えると、ここから10年近くマンCの最終ラインを束ねるリーダーとして君臨することに期待がかかる。

ラポルテは大先輩コンパニのことをリスペクトしているようで、その姿勢から多くのことを学んでいるのだろう。コンパニのことを偉大なリーダーと絶賛しており、その背中を見ていることは大きい。

「ヴァンサンは本当に良い選手だし、良い人だよ。彼は僕を大いに成長させてくれた。彼は数多くのタイトルを獲得してきたし、トップレベルで戦ってきた。ファンタスティックな選手だから、もっと彼の隣でプレイしたいね。彼は偉大な主将で、ピッチの中でも外でもファンタスティックだ。ピッチの外ではチームメイトを手助けするだけの経験がある。僕がシティに適応する際にも助けてくれたし、僕がアドバイスや助けを必要としたときにいつもいてくれたんだ。それこそ彼が偉大なる主将の理由なんだよ。彼は周囲のチームメイト全員を助けている」

同メディアはラポルテの活躍によってマンCの最終ラインに新たな時代が到来したと感じているようだが、ラポルテが今後も重要な戦力になるのは間違いない。かなり時間はかかったが、ラポルテこそマンCが探し求めていた頼れるセンターバックなのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ