“オシムチルドレン”巻誠一郎が現役引退「これだけ長くプレイできるとは……」

現役引退を決断した巻誠一郎 photo/Getty Images

熊本のオファーを蹴って引退を選択

ロアッソ熊本は15日、元日本代表FW巻誠一郎が2018シーズンをもって現役を引退することになったと発表した。

現在38歳の巻は2003年に駒澤大学を卒業し、ジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド千葉)に加入した。当時チームの指揮官を務めていたイビチャ・オシム監督もとで着実に力をつけ、2005年には日本代表デビュー。2006年のドイツW杯では、見事登録メンバー入りも果たした。その後、2010年からはアムカル・ペルミ(ロシア)、2011年からは深セン(中国)でプレイし、同年8月にJリーグへ復帰。J2の東京ヴェルディに加入し、2年半に渡ってプレイした。

2014年からは戦いの舞台を地元熊本へ移し、ロアッソ熊本へ移籍。加入5年目となる昨季はJ2で25試合に出場し、1ゴールを記録していた。また、2016年に発生した熊本地震の際には、復興支援活動を積極的に行うなど、ピッチ外でも多くのファンを勇気付けた。

熊本は巻と新シーズンの契約を更新しようとしたようだが、実現させることができなかったようだ。クラブの公式サイトを通じて「巻選手との契約を更新するべく話し合いを続けてまいりましたが、巻選手から引退の申し出があり、その意志が固いことから現役引退を受諾することといたしました」と明かした。その上で「巻選手は、ロアッソ熊本で2014年より5年間にわたりJ2通算167試合に出場し、また2016年の熊本地震後は熊本の復興の為に尽力されました。これまでのクラブへの貢献に、心から感謝いたします」と感謝の意を述べている。

また、巻もクラブの公式サイトで「プロサッカー選手として16年もの間プレイ出来たのも、沢山の方々に支えていただき、育てていただいたおかげだと思ってます。今は感謝の気持ちしかないです。僕はジェフユナイテッド市原でプロとしてのキャリアをスタートしました。当時はプロのレベルの高さについて行けず、本当にプロでやっていけるのか不安で2〜3年くらいプレイ出来たらいいかなとか思ってたことを思い出します。そんな僕がこれだけ長い間プロサッカー選手としてプレイ出来るとは、僕も含めて誰が思ってたでしょうか、笑」とキャリアを振り返った。

そして「サポーターがクラブを育て、選手を育てる! 少なくとも僕はサポーターの皆様に育てていただきましたし、人間としても成長させていただきました。サッカーからは普段の準備の大切さ、最後の1分1秒まで全力でプレイすることの大切さ、最後まで諦めないことの大切さ、自分を出し切る事の大切さを学びました。僕の人生の師はサッカーであり、サポーターや応援してくださる皆さんでした。嬉しい時も苦しい時も辛い時も皆さんと共に歯を食いしばり歩んだ事は僕の大事な財産です。本当にジェフ、ヴェルディ、ロアッソと素晴らしいクラブでプレイ出来て、今は感謝の気持ちでいっぱいです。そして、最後に生まれ育った熊本のクラブでプレイさせていただけた事は本当に幸せでした。今後はサッカー界の発展のために出来ることや熊本の県民の皆様の役に立てるようなことを中心に微力ながらやっていければと思ってます」と語っている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ