カンテからポジションを奪う? チェルシーが狙うべき”ナインゴラン2世”

イタリア代表でもプレイするバレッラ photo/Getty Images

サッリが必要とする選手か

セスク・ファブレガスがモナコに移籍すると見られているチェルシーは、その後釜にカリアリMFニコロ・バレッラを狙っていると言われている。一部ではまだ21歳と若いバレッラはチェルシーのようなクラブに向かうには早すぎるとの声もあるようだが、伊『Calciomercato』はこの移籍を強烈にプッシュしている。

なぜなら、バレッラのようなMFこそ指揮官マウリツィオ・サッリが求めている選手だからだ。バレッラは守備的MFというよりは、攻守に上下動するボックス・トゥ・ボックスの選手と評価されている。比較されるのはインテルでプレイするMFラジャ・ナインゴランで、ボール奪取からファイナルサード侵入といったダイナミックなプレイを好む。

サッリが指揮していたナポリでいうなら、ブラジル代表MFアランが務める役割に近い。チェルシーではエンゴロ・カンテがアランと同じ役割を任されていることを疑問視する意見もあるが、同メディアはバレッラが加わればカンテを脅かす存在になるのではないかと期待しているのだ。今の役割がカンテにとってベストなものかは微妙なところで、バレッラの方が合っているとも考えられる。

当然世界的に名前が売れているのはカンテの方だが、バレッラは興味深いオプションとなるだろう。アランと同じ役割をこなす選手がチェルシーに不足している以上、ナインゴラン2世のバレッラは必要な選手なのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.229 激闘必至のCLラウンド16を完全予想
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ