[移籍]広島、スウェーデン代表経験もある“攻撃的右SB”を獲得

スウェーデン代表でもプレイしたサロモンソン photo/Getty Images

7ゴール7アシストを記録したことも

サンフレッチェ広島は31日、スウェーデン1部のIFKヨーテボリから元同国代表DFエミル・サロモンソンが完全移籍で加入することが決まったと発表した。

現在29歳のサロモンソンは右サイドを主戦場としており、スウェーデン代表の各年代でプレイ。2011年にはA代表デビューも飾っており、これまで通算8キャップを記録している。一方、クラブではこれまでスウェーデン国内の3クラブで活躍。過去にUEFAカップで2度の優勝経験がある名門ヨーテボリでは7年半にわたってプレイし、2018年シーズンは29試合に出場して1ゴールを挙げていた。しかし、今年限りで所属クラブとの契約が満了を迎えることもあり、広島への移籍が決まった。

そんなサロモンソンは広島の公式サイトを通じて「サンフレッチェ広島に加入することができて、とても嬉しいです。ファンの皆さまの前でプレイし、この素晴らしいクラブの一員になれることを楽しみにしています。私はこの機会を嬉しく思いますし、新シーズンが始まるのが楽しみです」と述べている。

過去には、SBながら1シーズンで7ゴール7アシストを記録したこともあるサロモンソン。Jリーグでも攻撃的なプレイで、多くのファンを魅了してもらいたいものだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ