中島翔哉の勢いが止まらない! MOMに続き第14節のベスト11に

ポルトガルで好調を維持する中島翔哉 photo/Getty Images

PK奪取&決勝弾

11月30日から12月3日にかけて、プリメイラリーガ(ポルトガル)の第11節が行われた。ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉が、データサイト『WhoScored.com』による同節のベストイレブンに選出された。

2日にトンデラをホームに迎え入れたポルティモネンセ。この一戦で中島は3試合連続のスタメン出場を果たし、圧巻のパフォーマンスを披露した。1点ビハインドで迎えた11分、左サイドの深い位置からドリブルで切り込むと、ペナルティエリア内で相手DFのファウルを誘い、PKをゲット。パウリーニョの同点ゴールを演出している。さらに1点を加えて迎えた前半アディショナルタイムには、エリア内左から左足でGKのニアサイドをぶち抜く豪快なシュートを決めた。その後、ポルティモネンセは1点返されるもなんとか逃げ切り、3-2でトンデラを撃破している。

貴重なPK奪取に加えて、決勝ゴールを挙げた中島。あらゆるデータからレーティングを算出する『WhoScored.com』は「8.3」の高評価をつけ、日本の未来を担う若きサムライをこの一戦のMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出していた。そして、4日に発表されたプリメイラリーガ第14節のベストイレブンでも中島は、ポルトガル代表MFラファ・シウバ(ベンフィカ)や同代表MFブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)らとともに名を連ねることとなった。

発表されたベストイレブンは以下の通り

[GK]
ドウグラス(ヴィトーリアギマランイス)

[DF]
マルセロ・ゴイアーノ(ブラガ)
エデル・ミリトン(ポルト)
ヴァンサン・サソ(ベレネンセス)
アレハンドロ・グリマルド(ベンフィカ)

[MF]
ラファ・シウバ(ベンフィカ)
エクトル・エレーラ(ポルト)
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)
中島 翔哉(ポルティモネンセ)

[FW]
フェデリック・メンディ(ヴィトーリア・セトゥーバル)
ジョナス(ベンフィカ)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ