お騒がせFWベントナー男爵、ついに刑務所行きが確定

昨シーズンは19ゴールと輝いたベントナー photo/Getty Images

暴行罪で禁固50日

なにかとお騒がせなローゼンボリFWニクラス・ベントナーの懲役刑が確定してしまった。

事の発端は今年9月上旬。顎を骨折する重傷を負ったタクシードライバーからの通報で、ベントナーの暴力行為が明るみに出た。当時『Sky sport』などが報道したところによれば、意に沿わない道を走ったとの理由でタクシー代金を払おうとせずに下車。運転手が物を投げつけてきたため、顎を殴打して骨折させたというのが事件の顛末だ。

デンマークメディア『B.T.』などによると、ベントナー側は、運転手が物を投げてきたため、暴力行為は同乗していたガールフレンドを守るための正当防衛だったと主張。控訴を行っていた。しかし、証拠不十分で控訴は認められず、禁固50日の実刑と1,500クローネの罰金(およそ2万6000円)が確定することになった。

かつて所属していたアーセナルでは将来を嘱望され、デンマーク代表としてワールドカップへの出場歴もあるベントナー。現在所属するノルウェーのローゼンボリでも昨年は得点王に輝くなど輝きを取り戻しつつあった矢先の事件だった。“男爵”の愛称で親しまれ、自信家でビッグマウス。その歯に衣着せぬ物言いはサッカーファンを楽しませてもいたのだが、器物破損や飲酒運転など、問題の多い選手でもあった。

2011年にもベントナーは、コペンハーゲンのピザ店で料金不払いによる問題を起こしたことがある。クレジットカードが使えないことがわかり、無料でピザの提供を求めたが拒否されている。その際「オレが誰だか知らないのか。店ごと買うことだってできるんだぞ」などと暴言を吐いたことが話題となった。今回の件も同じく料金の不払いが発端であったが、前回のように物笑いの種になるだけでは済まない、厳しい判決が下ってしまった。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ