マンC独走のカギはクリスマスまでの戦いにあり! 注目すべき『5カード』

リヴァプールは調子を維持できるか photo/Getty Images

リヴァプールとチェルシーに待ち構える難敵たち

今季のプレミアリーグは12試合を消化した時点で首位マンチェスター・シティ、2位リヴァプール、3位チェルシーが無敗を維持するという特別な戦いになっている。マンCは昨季と変わらず勝ち点を稼いでいるのだが、リヴァプールとチェルシーが想像していた以上に安定しているのだ。

問題は、リヴァプールとチェルシーが今のペースを維持できるのかどうかで、マンCとしては両チームの取りこぼしを待っているといった形だ。1つのポイントはクリスマスまでの戦いで、英『Manchester Evening News』はクリスマスまでにリヴァプールとチェルシーが勝ち点を取りこぼす可能性があると指摘する。

1位:マンチェスター・シティ(32)

2位:リヴァプール(30)

3位:チェルシー(28)

4位:トッテナム(27)

まず順位表の確認だが、現状はこうなっている。では、チェルシーとリヴァプールにとってポイントとなるゲームを見ていこう。

1.トッテナムVSチェルシー 11月24日



3位と4位の直接対決で、どちらかが必ずポイントを取りこぼすことになる。仮にアウェイのチェルシーが躓けば、マンCはここで勝ち点差を広げることができる。マンCはこの時ウェストハムと対戦するが、勝ち点を落とす可能性は低いだろう。

2.リヴァプールVSエヴァートン 12月2日



今回のマージーサイド・ダービーは非常に興味深い。リヴァプールの強さはもちろんだが、エヴァートンもFWリシャルリソンやDFジェリー・ミナなど実力者を補強している。リヴァプールの流れを止めることも可能かもしれない。

3.ウォルバーハンプトンVSチェルシー 12月5日



ウルブズは明らかな格下だが、なかなかに不気味なチームだ。マンCとは1-1で引き分け、マンチェスター・ユナイテッドとも同じく1-1で引き分け。さらに前節はアーセナルにも引き分けるなど、昇格組ながら優勝候補をしぶとく苦しめている。チェルシーが攻めあぐねて勝ち点を取りこぼす可能性は十分に考えられる。

4.リヴァプールVSナポリ 12月11日



これはチャンピオンズリーグのゲームだ。リーグ戦の勝ち点には何の影響も与えないが、リヴァプールはチャンピオンズリーグでパリ・サンジェルマンとナポリとのゲームを残している。ここで敗れてグループステージ突破に失敗した場合、後半戦からリーグ戦に集中できるリヴァプールがマンCにとって厄介な相手になると同メディアは考えているのだ。

5.リヴァプールVSマンチェスター・ユナイテッド 12月16日



こちらもライバル対決だ。現状はリヴァプールの方が有利だが、マンUはチェルシーと引き分けるなど確かな実力も持っている。こちらも守備的なジョゼ・モウリーニョ率いるマンUを崩せず勝ち点を取りこぼすかもしれない。


マンCはこの間12月8日にチェルシーとのゲームが控えているくらいで、あとは強豪と呼べるチームとの対戦がない。1月の初めにリヴァプールとのゲームが控えているため、年内にどこまでチェルシーやリヴァプールと差をつけておくかが優勝へのポイントになるだろう。逆に1月を迎えても両チームがマンCに喰らいついていた場合、今季の両チームは本物の実力を備えていると言っていいだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ