ミラン、野戦病院化でピンチ! 補強候補に名前が挙がったのは……

チェルシーで思うような出場機会を得えられていないケイヒル。ミランの今冬のターゲットに photo/Getty Images

特に怪我人が相次ぐCB

主力選手に怪我人が続出し、ピンチに立たされているACミラン。今冬の移籍市場で、チェルシーで思うような出場機会を得られていないベテランDFの獲得に動こうとしているようだ。

ルーカス・ビリアやジャコモ・ボナヴェントゥーラなど、今季ミランを牽引してきたチームの中心選手らが長期離脱を強いられている。中でもセンターバックが壊滅的で、マッティア・カルダーラとマテオ・ムサッキオに続いて、イタリア代表に参加していた主将アレッシオ・ロマニョーリが新たに左足を負傷。1ヶ月程度の離脱を余儀なくされ、すでに同代表を離脱している。

主力センターバックがクリスティアン・サパタのみとなってしまったことで、補強を試みるミラン。この野戦病院状態を早急に解決するためには、すぐにでも補強ができる無所属の選手を獲得するのも一つの手だ。ただ、伊『Corriere dello Sport』などによると、チェルシーで今季リーグ戦1試合の出場にとどまっており、新指揮官マウリツィオ・サッリのもとで冷遇されている元イングランド代表DFガリー・ケイヒルの獲得準備を進めているという。

また、ミランはケイヒル同様にチェルシーで十分な出場機会を得られていない元スペイン代表MFセスク・ファブレガスへの関心も以前から伝えられているがはたして。今後の動向にも注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ