ロシアW杯で評価を上げた6人のサムライたち 昌子源は市場価値が2倍以上に!

欧州屈指のタレントたちとも渡り合った昌子源 photo/Getty Images

最も市場価値が上がったのは乾

直前の監督交代などもあり、大会前はネガティブな意見が多くあったが、その前評判を覆してロシアW杯で躍進した日本代表。この4年に1度の祭典で、主力として活躍した選手たちは個々の評価も大きく上げている。

移籍情報サイト『transfermarkt』が発表する市場価値において、ロシアW杯でその価値を上げたサムライは6人だ(現地時間16日時点)。上昇をランキング形式で見てみると、最も市場価値が上がったのは乾貴士で、500万ユーロ(約6億5800万円)から750万ユーロ(約9億8700万円)と、250万ユーロもアップさせた。

次いで、酒井宏樹が600万ユーロ(約7億9000万円)から800万ユーロ(約10億5300万円)になり、200万ユーロのアップに成功。そして、3番目には数少ない国内組としてW杯で奮闘した昌子源が。170万ユーロ(約2億2400万円)から350万ユーロ(約4億6100万円)と、180万ユーロのアップとなったが、上昇率で見ると6人の中でトップで、ロシアW杯を通して市場価値が2倍以上となっている。他にも初戦のコロンビア戦で決勝点を挙げた大迫勇也(+150万ユーロ)、全ての試合で攻守にわたりチームに貢献した柴崎岳(+120万ユーロ)、ベルギー戦で先制点を決めた原口元気(+100万ユーロ)と、目に見える結果を残した選手たちは軒並み市場価値を上げている。

ロシアW杯で市場価値を上げた6名は以下の通り

乾 貴士 +250万ユーロ(500万ユーロ→750万ユーロ)
酒井 宏樹 +200万ユーロ(600万ユーロ→800万ユーロ)
昌子 源 +180万ユーロ(170万ユーロ→350万ユーロ)
大迫 勇也 +150万ユーロ(450万ユーロ→600万ユーロ)
柴崎 岳 +120万ユーロ(180万ユーロ→300万ユーロ)
原口 元気 +100万ユーロ(350万ユーロ→450万ユーロ)
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ